2006年03月02日

TAKE ME THERE

iPodを持っていないのに。

持っていないのに。

買ってみた。

ART STAR ★ 奈良美智

もしかしたら。

もしかしたら、と思ったのだけど・・・。

・・・見られなかったよ、PCでは。

でも、カワイイから許す!

どこに連れて行こう?CDごと。笑
posted by sayaka at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

再開!

本日の日経新聞に「都、美術品購入を再開」の記事。

7年ぶりの再開。
都現美、写美、江戸博の三館だって。1億5千万の予算案を計上しているということ。

海外の著名アーティストなんていらないし、そんなの買ったら1億5千万なんてあっという間になくなっちゃうから、日本の頑張っている若手作家の作品をたくさんたくさん買って欲しいと思うっ!!!

昨日、渋谷に「WONDER SEEDS」を観にいった。
ギャラリースペースはとても綺麗でステキなのだけど、もっと表通りにアピールできないのだろうか。せっかくあんないい場所にあって、面白いアートスペースなのに、もったいない。関係者が観にいくというのではなく、歩いている人が何気なく興味を持って入れるアートスペースの提供に都の取り組みとして力を入れてほしいなぁと思った。
posted by sayaka at 14:18| Comment(5) | TrackBack(1) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月25日

「イナバウワー」改名「荒川静香」

綺麗でしたねぇ。

点数がついたってつかなくったって、
美しいものは美しいんだ、と。

そう思える強さと、
それを行動にうつせる勇気と、
そのゆるぎない美しさに、
ひたすら感動。

posted by sayaka at 00:00| Comment(2) | TrackBack(1) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

あおぞらDEアート

ArtsLogは読んでても芸力活動日誌は知らないよ、という方々へ向けてちょっと宣伝を。
(両方読んでねー☆)

aozora.jpg

銀座の泰明小学校校庭で行われる「銀座 あおぞらDEアート」が今年も開催されます!
お知らせを芸力活動日誌に書いているので、ヨロシクです。

え?そんなイベント聞いたことない?
・・・大丈夫!今年が2回目だから!今年行けば話題についていけること間違いなし!

ということで、私はイベントの事務局をやらせてもらっているので、
私に会いたい方もぜひ会場へ〜!(え?そんな人いないって?笑)
posted by sayaka at 02:18| Comment(2) | TrackBack(0) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月22日

詳細はあとで。

・・・なんて書いて、ずっとホッタラカシにしてあった記事を、ちゃんとしました。

2月4日:木村直道+遊びの美術
2月18日:絵画の行方

まだ他にもあったような・・・。
ま、いいか。気づいたら、そのときに。笑
ズボラな性格でゴメンナサーイ。m(_ _)m
posted by sayaka at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

週末

週末は展力のスケジュールの更新でとても忙しくて、ついついArtsLogの更新が遅れてしまいます・・・スミマセンm(_ _)m

今週も展力Recommend&Review、たくさん記事掲載しています。ぜひご利用くださーい。

展覧会のお知らせって今はやはりハガキを送るのが主流なわけだけど、アナログな世界だよなぁとつくづく思う。この前、あるギャラリーのオーナーが話していたのだけど、ギャラリーが無料で入れることを知らないお客さんが結構いっぱいいて、皆、DMを入場券と思って入り口で見せたりするんだそうだ。たしかに、知らなければそうするかもしれないなぁ・・・と。無料なんですよーーっ!ギャラリーは。美術館でお金払って見てる作家さんの作品だってギャラリーで見られるところがあるわけで。なんてお得なんだ!!・・・というわけで展力チェキラーしてギャラリーへレッツゴーなわけですよ!・・・ってなんか睡眠不足で何書いてるんだかワケわかんなくなってきたので、今日はこの辺で。笑
posted by sayaka at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

変わらない

小さい時から顔が変わっていない。
自分でもそう思う。

高校の友達に卒業以来ぶりに会って「変わってないねぇ」と言われるくらいは普通だと思うのだけど。小学生のとき以来、つまり約20年ぶりに会って「変わらないね!」と言われる私は、ほんとに変わっていないんだと思う。でも、逆に考えると、どんだけフケタ顔をした小学生だったんだよっ!っていう話でもあるわけで・・・(笑。

でもでも、今この歳からの「変わらない」はとても重要だ。
20年後にも、「変わらないね!」と言われるようでありたいと思う、今日この頃。
posted by sayaka at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月17日

上を向いて歩く

よっぽど落ち込んだ時でない限り(笑)、上を向いて歩くことを心がけている。
その方が速く歩けるし、疲れないし、元気も出てくるし、結構意外な発見がある。

銀座はただ歩いているだけでも面白いのだけど、最近ビルの上の方に入っている怪しい名前の会社とか珍しいもの売っているお店とか、そういうのの看板を見るのが結構楽しい。

上を向いて歩こう。元気がでるよ。

今日の発見はコレ↓
ue.jpg

posted by sayaka at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月16日

奥野ビル

ギャラリーめぐりには欠かせないビル。奥野ビル。

奥野ビル

中央区の文化財にも指定されているこの奥野ビル(旧銀座アパートメント:竣工1932年)には、現在画廊が20近くも入っている!!といっても常時展覧会をやっている画廊ということでは限られてくるのだけど、それでも、画廊ビルとしては、きっと日本一?じゃないかと思う。
展力の銀座Dエリアを見てもらえば分かるけど、住所が”銀座1-9-8”ってなっている画廊は全部奥野ビルだ。展力に掲載しているところだけでも9軒ある。一つ一つ見て行ったら、このビルだけでも2時間くらいは美術館のように楽しめてしまうのだ。

そして、この奥野ビルに2月から新しい画廊がオープンした!どんな画廊だろう〜と楽しみに思っていたら・・・、なんと、あの「純画廊」だった!”あの”と言うのは、過去記事を読んでもらいたいのだけど、小岩にある純画廊が、この奥野ビルに「純画廊銀座」として開廊したのだ。嬉しい〜!!今日行ってきたら、2階のとても入りやすい位置で、奥野ビルの画廊の中では結構広く感じる。いや〜、ほんとに嬉しい!

奥野ビル。古くて、地震も火事もほんとに心配になるようなビルなんだけど、ますます楽しくなってきた。表参道ヒルズの同潤会アパートじゃないけど、この奥野ビルが立て直すなんてことになったら、ものすごい猛反対運動が起こるね、きっと。大切にしていかなければいけない場所だ。
posted by sayaka at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

オリンピック

トリノオリンピックが始まりましたね。
寝不足の人も多いのではないでしょうか。

競技を見るのはもちろん楽しみなのだけど、結構何気にいつも楽しみにしているのはオリンピックのシンボルマークとマスコット。開催都市の特徴とかメッセージが込められていて興味深い。トリノのマスコットはNeveとGlizだってー。・・・・かわいい・・・かな?・・・なんか・・・いまいち・・・。(笑
そう考えると長野のときのスノーレッツは可愛かったなぁなんて思う。もう8年前か・・・。時が経つのは早い。

小学校1年生のときの文集に書いた私の「大きくなったら」。

大きくなったら、カール・ルイスよりも速く走ってオリンピックで金メダルを獲りたい。

あれ。どこでどう私は道を踏み外しちゃったんだろうねぇ。
しかし時代を感じるなー。今全くかけ離れたことしてるんですけど・・・何か?(笑
posted by sayaka at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

曜日感覚。

曜日感覚を失っているわけではないのだけど・・・。

今日が祝日だということを、銀座に行ってから気づいたわけです。

見たかったギャラリーは開いてなくて・・・。ガクッ。
土曜日なんだし、祝日もやって欲しいよねぇ。


快晴の銀座中央通り。眩しくて気持ちいい〜。

ginza1.jpgginza2.jpg
posted by sayaka at 23:21| Comment(4) | TrackBack(0) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

続けること

1日1アートと決めて毎日とにかくアートについて語ることを続けてきたArtsLogですが・・・。

1日平均2件だった記事が平均1件になり、最近は2日にいっぺん更新・・・みたいな・・・。

・・・先月末ついに2日記事を書くことをサボッてしまった・・・。深く反省。
トップページのカレンダーが変わったことをいいことに、自分をごまかしているダメな私・・・(笑)。

自分に作った規則はきちんと守らないと、だよねぇ。
これからはもうちょっと軽めに、とにかく毎日続けることを目標にガンバリマス。

・・・それにしても、読んでいるブログの中には何千字っていう記事を毎日きちんと決まった時間に更新している人がいて。ほんとにそれだけで尊敬しちゃうなぁ・・・。何事も”続ける”というのはスゴイことです。
posted by sayaka at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月06日

PHAIDON

今月のEsquireは「美しい本、230冊」(写真左)。
そういえば、”美しい本”というタイトルで以前記事を書いたことがあったけど、このEsquireで紹介されているのはいわゆるビジュアルブックについて。
本屋に並んでいるとつい欲しくなるのだけど、結構高いんだよね・・・。

Esquireの中にイギリスのビジュアルブックの老舗出版社「PHAIDON(ファイドン)」の記事があった。へぇ・・・、やっぱりロンドンなんだなぁ、なんて思いながら。と思って記事を読んでいると”8 books to know about Phaidon"ということでPhaidonから出版されている8冊の本が出ていて・・・。「あ。うちにもあった!」というのが、写真の「THE ART BOOK」(写真中)。いつかこのブログでも紹介しようと思っていた本だった。昔からこういう本ないだろうか・・・とずっと探しててコートールド美術館のミュージアムショップで見つけて、購入したもの。中世から近代まで、アーティストの名前順(ABC順)に一人一枚ずつ紹介してある。アーティスト百科事典、のようなもの。これがとっても欲しかったの。今でも重宝している。日本の作家は数人しか載っていないけど、写真はその数少ない日本人、Utamaro KITAGAWA。(写真右)

この前NADiffでこの本を見たけど、日本語版とかっていうのは出てないのかな。

book1.jpgbook2.jpgbook3.jpg
posted by sayaka at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

BLOGとSNSで繋がる

適度にチェックしているブログは70くらいある。毎日更新されて読んでいるのは20くらい。
アート系ブログ、アーティストのブログ、友人のブログ、社会ニュース系のブログ、ITノウハウ系のブログ、等々いろいろ。

SNSはmixiとGREE、一応両方入っている。でもほとんどmixiしか利用していない。

最近、ブログとmixiでの繋がりがリアルな世界でも繋がることが続いて、とても面白い。

通信教育を受けている大学のスクーリングで出会った人とmixiで繋がったら、アート系で読んでいたブログの書き手だったことが判明してびっくりしたり、いつもブログでやりとりしている方とmixiで繋がったら、リアルな生活圏がものすごい近いことが判明してびっくりしたり。

ネットはバーチャルな世界でリアルの世界と結びついてないようなことをよく言われるけれど、私は芸力を立ち上げて名前と顔を公表してしまってから、それが変わった。ネットの中がバーチャルではなくなった。これはネットの世界にいる普通の人にはない、ちょっと不思議な感覚かもしれない。それまで漠然とした得体の知れない大きな網の中で浮遊していたのが、自分の立っている場所が定まったというか、固定されたというか。今まで常に「見る」「発信する」という自分から出る矢印しかなかったものが、逆の矢印、しかも自分という特定の点に対する矢印を感じるようになったというか。なんとも説明が難しいが、そんな感覚だ。
もちろん、いろいろ恐い世の中だからかなりのリスクを承知で公表しているわけだけど、今のところ、公表したことでいろんな人とリアルに繋がることが出来たのでメリットの方が大きかったように思う。

そうそう、SNSは、知り合いの知り合いの知り合いの・・・しかいないということが売りなんだし、本名でしか登録できないような仕組みにすればいいのに、と思う。(どうやってそれを確認するんだ!っていうツッコミはなし、ね。笑) そうでないと閉じたコミュニティにしている意味がない気がするよ・・・。

・・・なんて、mixiにちょっとケチをつけつつ大いに利用しているわけですが。笑

ブログとSNSで繋がって、リアルに繋がっていくのが楽しい、今日この頃でした。
posted by sayaka at 00:00| Comment(11) | TrackBack(0) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月03日

絶対領域

日本経済新聞の夕刊文化に「発見された画家 オタク世界へ直結」と題したヒエロニムス・ボッシュについて書いた赤瀬川原平氏の記事がある。

今日、たまたまよく行くギャラリーで作家さん達と「オタク」についていろいろ議論をしていたので、ちょっとタイムリーな記事で面白い。皆で話していたのは、オトコのオタクと、オンナのオタクの違い、だとか、村上隆が作り出した世界とオタク世界について、だとか。

「絶対領域」。
専門の方からしたら”使い方が違う”とか”そんなんじゃない”とか怒られそうな気もしなくもないが、私はこの「絶対領域」がキーではないかと思っている。それがどんなコトでもモノでも構わない。「絶対領域」を感じられる作品にはパワーがある。
自分の「絶対領域」はどこにあるのか、そしてそれはどう表現できるのか、それを追求していくこと・・・。
posted by sayaka at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月31日

ないものねだり

今とっても欲しいもの。

頭に接続して頭の中にあるイメージを出力してくれるプリンター。

絵を描けばいいじゃんって、それはそうなんだけどね。こんな感じなのって、頭をパカッて割って見せられたらどんなに楽だろう・・・なんてものぐさなことを考えちゃうのだ。

ないものねだり、です。
でも、意外と出力されちゃったらあまりにも曖昧なイメージで結局手で書き直すんだろうな(笑。
posted by sayaka at 23:53| Comment(5) | TrackBack(0) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いっぱいいっぱい

いっぱいいっぱいで、土曜日からまともに記事を書く余裕がなく・・・。

なのに、なのに、毎日250人近い方からアクセス頂いています。
本当にどうもありがとうございます。m(_ _)m
検索してたまたまこのブログに来て下さった方も、
毎日読んで下さっている方も、
本当にありがとうございます。

せっかく来て下さったのに、まともに更新できていなくて、ごめんなさい・・・。
posted by sayaka at 08:55| Comment(2) | TrackBack(0) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

歪み

歪んでいる。
いろんなことが歪んでいて、落ち着かない。
今起こっているいろんな歪みが直接的に自分に影響しているわけではないのだけど、だから尚更その歪みの大きさが計り知れなくて、恐い。

TVも新聞も信じられなくなってしまった。
単に無数の情報の中から選べばいい、という時代ではなくなってしまった。
歪められた情報、操作された情報に埋もれた真実を探さなければいけない。

芸術だけは、アートだけは、そんな歪んだ社会とは無縁のものであってほしい。
歪んだ社会に利用されてはいけない。
歪んだ社会にもの申す存在であってほしい。
歪んだ社会の唯一の救いであってほしい。

・・・なんとなくやりきれなくてウツな今日この頃、でした。
posted by sayaka at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

1010 -銭湯-

今日は突如なんだか広〜いお風呂に入りたくなって近所の銭湯に行ってきた!銭湯に行くのなんてほんとに4,5年振りくらいのことだったのだけど、冬の銭湯、サイコーだねっ!帰りがとにかくサイコーに気持ちいいよ。

小さなお風呂よりも大きなお風呂に入ったほうがα波がたくさん出るらしい(参考:東京都浴場組合ホームページ)。大きなお風呂に浸かって、大きな富士山の画を眺めて、更にα波を出す、という二重の効果、だね。ちなみにうちの近所の銭湯は富士山ではなくて、八ヶ岳みたいな山のモザイク画でした(笑。

銭湯も10年前は町にたくさんあった。半分くらいつぶれてしまったのかなぁ。谷中のギャラリー、SCAI THE BATHHOUSEも元は銭湯。銭湯PRポスターというのもあって、2002年〜2004年は横尾忠則氏が描いているのですね。SCAIで展覧会もやってたんですね。・・・と”銭湯&アート”について調べてたらいろいろと出てきて面白い。

ギャラリーめぐりじゃないけど、銭湯めぐりをしてレポートしている人もたくさんいるのね。訪れた町でお風呂に入る。他の何をするよりもその町を深く知ることが出来そう。まさに裸の付き合いって感じで(笑。

そんないろんな銭湯に行ったことがあるわけではないので比較はあまり出来ないけれど、浅草寺の裏、花やしきのすぐ隣にある「浅草観音温泉」には本当にびっくりした。温泉って言うのもびっくりだけど、とにかくその中の全てがレトロで、博物館のよう。昭和初期にタイムスリップした気分になれる。浅草を観光するなら浅草寺、花やしき、観音温泉のセットでオススメしたい感じ。
posted by sayaka at 00:00| Comment(8) | TrackBack(1) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

美術書専門の書店

以前から気になっていたお店「Arteria」に行ってきた。
美術書専門の書店だ。しかもそれを全てオンラインで販売している。
古本だけのところや、今出版されている本だけのところ、というのは結構あるのだけど、古書から現代の本まで全て並べておいてあるところというのはなかなかないので、素晴らしい!おいてある本を事前にネットで検索できるのも嬉しいなぁ。
好きな作家のカタログ・レゾネとか欲しいなぁとか思うのだけど・・・高くて手が出ない・・・です、はい(笑。

〜神楽坂 ART BOOK Arteria(アルテリア)〜
posted by sayaka at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。