2006年04月16日

ホスピタルアート

本日の日経新聞に「アートの力 患者癒やす」のホスピタルアートの話が掲載されている。

いいよね。どんどんそういう病院増やして欲しいな。
アートにはそういう「力」があるって私も強く思う。私自身がいつも精神的にアートに支えられているから。
アートセラピーは何も病院だけじゃなくて、あらゆるところで展開すればいいと思う。IT業界も、精神的に病んでる人たくさんいるでしょう? オフィスのちょっとしたスペースに、アートを!疲れたサラリーマンたちに良い刺激になること、間違いなし!だよ。いろんな発想も浮かんでくるしねー。

「病室に飾るのには、患者の元気が出るような自然を描いた絵がいいだろう」って教授の言葉があるけれど、必ずしもそんなことないんじゃないかなぁと思ったり。気分が暗くなるような絵はさすがにきついかもしれないけれど、思わず考えさせられちゃうようなそんな絵があっても面白いんじゃないかなぁ。

歯医者さんに、この間Gallery unsealで見た馬渡裕子氏の画とかあったらとっても面白いと思う!奥歯っっ!!みたいな。笑
posted by sayaka at 00:00| Comment(8) | TrackBack(1) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

癒しの緑をどうぞ

並木通りの若葉。
若葉前線、結構移動したみたい(笑。1〜4丁目も大分緑になってきた。

写真は6丁目、7丁目付近。癒し効果、大!!

wakaba1.jpgwakaba2.jpg


posted by sayaka at 19:49| Comment(5) | TrackBack(0) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

Welcome

国立西洋美術館のIT化構想“ウェル.com 美術館”の話。

やっと、か・・・という印象。
そしてなぜ初めに国立西洋美術館なんだ、と憤りさえ感じる。

文化遺産オンライン構想との関係は?
一体何のために文化遺産オンライン構想があるの?
なぜ個々にシステムを作る?
なぜ標準化しない?

「もっと美術館にWelcome」は大歓迎な話だけど、国はもっと大きなスパンで美術館の情報化について考えるべきだし取り組んで欲しいと思う。
posted by sayaka at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

一極集中

4月7日の日経新聞の経済教室、「目指せ超多極分散国家」と題した西垣通氏の記事。

いろいろ思うことあって、雑感を書こうと思いながら、時間がなくて・・・。

とりあえずざっくりだけ書いておこう。時間がとれたときにでも続きを。笑

東京一極集中の現状は美術の世界でも同じだなぁ、と。
バーチャルな世界での分散化とリアルな世界での一極集中化が加速している。”Public”な精神を持つ団塊世代の方の活動に期待したいなぁ、と・・・。
posted by sayaka at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月03日

入○式

今日はきっと入社式、とか、入学式、とかそういった人多かったのでは。
とりあえず、そういった人たち、おめでとうございます!
これからワクワクするような楽しい毎日になりますように!

私は、というと・・・。
芸力活動日誌も読んで下さっている方やArtsLogのプロフィールの記述の違いに気づいた方なら分かると思いますが、”学生”ではなくなりましたー(笑。はい。
でも多分また時間とお金に余裕ができたら、行こうかな、と、思っております。はい。
職業:geiriki というのもどうかと思うが、まぁ、気にせずいきましょう。

一昨日の日経新聞に「都の文化施設 学生に優待制」の記事。
東京都歴史文化財団が、パートナーシップ契約をした大学や専門学校の学生に都内の5つのミュージアムを無料で見られるようにする、というもの。
とっても良い制度だと思うし、こういう動きが都だけでなくもっと拡がれば喜ばしい限り。
・・・でもっっ!!!一年早くやってくれてたらなぁ!なんて自分の都合で悔しがったりしているセコイ私・・・笑。
posted by sayaka at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

桜!さくら!サクラ!

サクラ吹雪!
sakura1.jpgsakura2.jpgsakura5.jpg

夜桜!
sakura3.jpgsakura4.jpg

春、サイコー!(^0^)/
posted by sayaka at 13:10| Comment(2) | TrackBack(0) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月31日

焦り

月末になると、焦る。
年度末なので、さらに焦る。

別に年度で何か変わるような仕事をしているわけではないので、3月31日だからなんだ!ってわけではないのだけど、なぜか焦る。

自分の出来る範囲で、自分の決めた期限で動いているから、やるもやらないも焦るも焦らないも自分次第。でも焦っちゃうんだから仕方ない・・・(笑。

そういえば、去年の今頃もものすごい焦燥感に襲われていたっけ。
私は精神的に不安な状態に陥ると、すぐその反応が夢に出る。
去年の今頃は毎晩、ひたすら永遠にたどり着かない螺旋階段を走っておりたり、知らない土地で道に迷う、という、まさに”路頭に迷う”夢ばかりを見ていた・・・。

なんて昔を振り返ってる場合じゃなかった!
4月だよ、4月!新しいスタート、元気にいきましょう〜!
posted by sayaka at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

桜より若葉

若葉の色が好き。元気の出る爽やかな緑。

桜満開で、街はすっかり桜色なんだけど、今日、銀座を歩いていて、大好きな若葉色に出会った。並木通りの街路樹。
何の木なのだろうと思ってネットで調べてみたら、「シナノキ(リンデン)」ということが分かった(中央区ホームページより抜粋:並木通りのシナノキは中央区が平成元年4月、花と緑に包まれた清潔なまち、美しいまちを目指した「花の都中央区宣言」により、地域の「銀座西並木通り会」とともに銀座にふさわしい木として選んだもの)。

銀座には柳の木もたくさんあって。柳の若葉も風に揺れてとってもキレイ。
桜もいいけど、今日はすっかり若葉の緑に見とれてしまったのでした。
でも、うっかり写真を撮るのを忘れてしまった。桜と同じで今の若葉の色は今だけだから、ね。今度行ったときにでも撮ってUPしまーす♪

ご参考:銀座の街路樹マップ(銀座コンシェルジュのページ)

追記:若葉前線がっっ!!
posted by sayaka at 22:15| Comment(3) | TrackBack(1) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月28日

日本の発明品

夜になって突然の雨が降ってきた。
そういうときはやっぱりビニール傘だ。

都築響一「賃貸宇宙」を読んでたら、ビニール傘を発明した下町の肝っ玉母さん、亀卦川静子さんの話があった。今まで随分お世話になっているビニール傘だけど、だれが発明したのかなんて考えたことなかった。知らなかったなぁ、すばらしい、偉大な発明っ!確かに日本でしか見たことないよね、ビニール傘。

ビニール傘と言えば、安冨洋貴氏の作品を思い出すけれど、ビニール傘が日本独自の発明品だと知って、よりあの作品の面白さを改めて感じる・・・。
posted by sayaka at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

機会と決断

最近、とても大切にしていること。

”機会”と”決断”。

展覧会を見逃さないとか、人と出会いのタイミングであったり、現場主義を貫くための”機会”。そして、何かを選択し、何かを棄てる”決断”する力と勇気。

出会いと別れの季節ですね。
ぼけーっとしてたら通り過ぎてしまう機会を逃さないように。
そして、後で悔やむことのないように、じっくり考えつつテキパキと決断していこうと思う今日この頃・・・。
posted by sayaka at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

春が来た!!

sakura.jpg

銀座に春が来たー!!
綺麗だねー。ウキウキしちゃう。

posted by sayaka at 13:24| Comment(2) | TrackBack(0) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

アート・マネージメント

企業の社会貢献活動に興味があって、随分前から企業メセナ協議会が発行している「メセナnote」を購読している。

今月号のNo.42に慶應義塾大学の岩淵潤子氏の「アート・マネージメント教育が抱える憂鬱」と題した特集記事がある。
そのあまりに投げやりな内容に正直びっくりした。

「アート・マネージメント」という言葉は定着したかもしれないけれど、今の日本の公共文化施設に本当の意味でのアート・マネージメントの仕事をする人が入りこむ余地はあるのかどうか。答えは見えてこない。

アート・マネージメントの仕事を希望する優秀な20代後半の女性が多く、またアート・マネージメントを教える大学も増えているが、現実には仕事はない。そういうことが書いてある。それはそのとおりなのだけど、その講座を持ってそういう人材を輩出している側の立場で、「答えは見えてこない。」と結んで終わらせてしまっているのは、あまりに投げやりではないだろうか。

私はこの業界でキャリアもなにもないし優秀でもなんでもないけれど、おそらく傍から見ればここで言われている女性達の一人として見られているのだろうと思う。でも私は自分としてはちょっと違う立場にいる人間だと思っていて、というのも私の片方の足はあくまでも情報を扱うエンジニアとしてあるからだ。キュレータとかライターとか今存在しているような仕事を求めているわけでもない。

私は、この問題は”学問”と”現場”が離れていることにあると思っている。そしてそれが特にコンテンポラリーアートの分野に著しい。アート・マネージメント教育をしている側が”現場”を見ていないし、根本的な問題に気づいていない(見てみないふりをしている)のではないだろうか。

美術振興に必要な4人の担い手(昨年末の日経新聞より)でいうならば、

「奨励する人」「制作する人」「販売する人」 > 「嗜好する人」

となっている現状を改善しない限り、マネージメントのマの字もできないだろう。制作している学生たちに社会に出て、アーティストとして生活していくために必要なことをきちんと教えている美大はあるだろうか。アート・ユーザを増やすこと、そのための美術教育に力を入れているところはあるだろうか。上記の左側の人間だけを増やすアート・マネージメント教育では意味がないのだ。
posted by sayaka at 13:34| Comment(6) | TrackBack(1) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

ゲーム

今日秋葉原に行ったら、何やら行列が。

「FINAL FANTASY XII」が本日発売らしい。
5年振りのパッケージ最新作だって。なんか一時期盛り下がってたからもうダメなのかと思っていたけれど、ファンはみんなずっと待っていたんだろうねぇ。
私はゲームにはとても疎い。ファミコンも家になかったから、基本的な操作方法さえもあまりよく分からない。でも、そんな私も「FINAL FANTASY VII」だけは最後までやったことがある。・・・でも、それも気づけば、今から10年前の話・・・。この世界の10年といったら、その技術の進歩は凄まじいはずで。店頭で最新作の映像が流れているのだけど、おそらくこの映像のキャラクターのままの形でゲームでも動かせるのだろうなぁ。

そういえば、先日行った文化庁メディア芸術祭でもゲームはエンターテイメント部門としてあった。混んでたので、このコーナーは全く見ないですっとばしてしまったのだけど・・・。

やっぱり、もう、No Border、だよね。

それにしても、すごい風。
posted by sayaka at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

自由であれ

最近、私の周りの人からよく聞く言葉。

自由であれ、と。

縛られるな。
枠にとらわれるな。
常に何かを越えていけ。
自由であれ。

”自由”であること、って実はとても難しいことだと私は思っている。規則の中で決められたことを言われたようにやることの方が断然楽なんだよ。好き勝手やればいいとかやりたいようにやればいいってそんな単純なことではない。自由であるためには、自分で考えて自分でそのフィールドを作り出さなくてはいけないのだ。”自由”に生きるって、ほんとはとても厳しいことなんだ。でも身近にそれを限りなく実践している人がいるので、私もその人を目指して自由に生きていこうと思う今日この頃。

・・・そんなことを考えながら、ふと夜空を見上げると・・・。

mangetu.jpg

まんまるの満月。明るい夜空。携帯カメラでボケボケだけど。笑
posted by sayaka at 23:37| Comment(6) | TrackBack(0) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

refresh

少し遠出をしていました。
菜の花の香りと、久しぶりに広い海を見て、ちょこっとリフレッシュ。

boso.jpgboso2.jpg
posted by sayaka at 22:12| Comment(4) | TrackBack(0) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

らぶばとん・・・?

「らぶばとん」とかいう、幸福の手紙みたいにやっかいなものが回ってきました。
よりによってなんで私に回すかなぁっ(怒) >junko
まぁでも、たまにはやってみるかーってことで、ArtsLog的らぶばとん、すたーと。

1.理想の恋人を教えてください。

ふんわりあったかで。

全てを受けとめてくれて。

2.恋人選び、見た目と性格を重視する割合は?

一目惚れもあるさ、そりゃ。 

3.今日一日好きな人と一緒。
  あなたの考えるデートプランは?

終日モエレ沼公園でしょ。

4.好きな人とはじめてカラオケに行くことになりました。
  どんな曲をうたいますか?
  また相手には何を歌ってもらいたい?
 
デュエットなら歌うよ。
 
5.夜の遊園地、初めてふたりで観覧車に乗りました。
  ドキドキクライマックス!手をつなぐ?つながない?
 
乗る前からつなぐ。(参照する記事がないよっ!こんな質問!笑)

6.楽しいデートの時間はあっという間。
  いつのまにか終電がなくなっていました!
  そんな時どうする?相手になんて言う?
 
歩いてかえる!

7.相手をかなり気に入ったあなた。
  告白は自分からする? 相手からされるのを待つ?

ときとばあいによるね。(参照する記事がないよっ!こんな質問!PartII 笑)

8.ずばり、いま好きな人、気になる人がいる?

毎日が恋愛。

9.次にLove Batonをまわす5人

ART系ブロガーで回してみたい人はたくさんいるけど・・・。
ほんとに幸福の手紙みたいだからやめておこう。
もし、やってみたい方いらっしゃいましたら、どうぞ!
このばとん受け取ってくださーい (^0^)/
posted by sayaka at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

39@RT!

みなさん、39@RTしましたかー。

39art.jpg

まぁ、私は言ってしまえば毎日が3月9日、常にThank you ART!な毎日を送っているわけですが、今日は仕事がたてこんでてどこも出かけられず・・・(T T)

楽しいイベントに行かれた方のブログでも読んで、楽しんだ気分になろうっと。
Thank you ART系bloggerたち!
・・・・って思ったら、意外と記事なかった・・・。ガクッ。
posted by sayaka at 00:00| Comment(3) | TrackBack(1) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

春一番

あたたかくなってきました。
鼻はムズムズしますが、春がいちばん好きです。

最近、カウンタ(訪問者数)がもうすぐ2万達成だなぁなんて嬉しく思っていたのですが、今日アクセス解析を見てびっくり! 一日の訪問者数が約350!!!!
この間まで250だったのに、一気に100も増えているっ!超ドびっくり!

毎日読んでくださっている方も、たまーに読んでくださっている方も、GoogleやYahoo!から検索でとんできてくださった方も、本当にどうもありがとうございます。

350人もの方に読んでもらっているかと思うと、ちょっと緊張、きゅっと身が引き締まります。ほんとにうかつに変なことは書けないなぁとびびったりもしますが(笑)、これからも今までどおり、背伸びせず、思ったこと感じたままを綴っていこうと思います。
これからもどうぞよろしくお願いします。
posted by sayaka at 02:58| Comment(9) | TrackBack(0) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

photosynthesis

一目惚れだった。
ギャラリーめぐりを始めて間もない私が、何の情報も知識もない状態で、一目惚れしたのがgoasaさんの作品だった。どうしようもなく惹かれて会場を何周もした東京アートフェアを思い出す。私の現代アートへの第一歩が、goasaさんの作品との出会いにあった、と思う。

このとき画集を購入して、それから、ずっと思っていた。
何か一つでも身近にgoasaさんの作品が欲しい、と。

先週の土曜日まで不忍画廊でやっていた「3COLORS 呉亜沙×大谷有花×會田千夏展」
好きな作家さんばかりの展覧会ってだけでも嬉しいのだけど、そこで、ずっと欲しいなぁと思っていたような作品、”この子と毎日を暮らしたい!”っていう作品に出会った。

「On the way」

ontheway.jpg

東京アートフェアで見た「くっつく」シリーズのドローイングもあって、それとこれとどちらにしようかとっても悩んだのだけど、選んだのは、「On the way」。

どうしてかというと、
毎日その画を見て思わず微笑んでしまうような、
落ち込んでてもその画を見たらちょっと元気が出るような、
そんな画が欲しかったから。

もうこのネコの首がひっくり返っちゃっているのとか、ほんと、たまらないのだ。

画廊でこの画を見たときに、自然光がたくさん入る明るい部屋に飾りたいなぁと想像していた。朝起きて、出かける前にこの画を見て、ちょっと楽しくなるような。そんなパワーをこの画からもらえるんじゃないかなって期待したりして・・・。

展示が終わって、今日作品を引き取りに行って。
家の壁の光の降り注ぐ場所をいろいろ探してどこに飾るか考える。
この時点でもうめちゃめちゃ楽しい。

そして、細かく画を見ていて、さらに衝撃的に嬉しいことを発見!
ネコのところに”photosynthesis”って書いてあるのだけど、最初はなんのことか気にしてなかったのだけど、辞書で調べたら、な、な、なんと、”光合成”という意味だった!
ほんとに勝手ながら思わず運命的なものを感じちゃいましたよ。
光の降り注ぐ場所に飾りたいなぁなんて思っていたのは、まさに、という感じで。
こんなことってほんとにあるんだなぁ、と。

明日の朝の光の射す最高の至福の瞬間を想像しながら、
一人夜中に画を前にニンマリしている。
posted by sayaka at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

やせたらしい

しばらく会ってなかった人に会うと「やせた?」と聞かれる。

1年前と比べて実際は1〜2キロくらいしか減っていないのだけど。
自分としてはおそらく親知らずを上下二本抜いたせいで、フェイスラインが変わったからなんじゃないかと思っている。笑

ま、私の体重の話なんてどうでもいいねー。
でもやせたけど、むしろ心身ともにスーパー快調なので、ご心配なく、ね!

あっ!今日、ひな祭りですね。
おひなさま、早く片付けないと、お嫁にいけなくなるよぉ。
(↑この年になると周りがうるさいんだよねぇ。一応自分でも心配してみたり。いく”気”だけは一応・・・ある・・・んですが。笑)
posted by sayaka at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。