2005年10月07日

YOKO ONO - We're All Water -

帰ろうと思って駅に向かう途中で、看板が目に入った(写真)。

onoyoko.jpg

”We're All Water”という言葉がとてもステキだなぁと思って、そんなステキなタイトルをつける作品はどんなだろう?って思ってギャラリーへ足を運ぶ。ギャラリーに入ると白い壁面に漆のお皿がずらっと並んでいて。”お皿の作品展示かぁ・・・。”なんて思いながらまずは作家の略歴に目を通して・・・。

1933年生まれ。  ・・・結構な年の方だなぁ。
平和活動。    ・・・ん?
グレープフルーツ。・・・んんんんんん?まさかっっ?!!!

そう、あのオノ・ヨーコ氏の個展だったのだ!びっくりした。何気なくタイトルだけ見てギャラリーに行ってしまい作家の名前をほとんど気にしていなかったので、ほんとにびっくりした。やっぱりスゴイ人はタイトル(メッセージ)だけで人を呼び寄せちゃうんだ!

”We're All Water”というタイトルのインスタレーション。ずらっと並んだ漆のお皿には全て同じように水が入っていて。そのお皿の前には名札があって、ゴッホやビン・ラディンやフセインや横尾忠則や・・・。生きている人も死んでしまった人も同じように並んでいる。「私も水。あなたも水。私たちはみんな水。」というメッセージ。誰もみんな同じ一つの水。水はいつか蒸発する。でも器はそのままの形で、あの器はあの人、って遺る。でもそれも結局同じ色の同じ形の器で・・・。

今も昔と変わらず、こんな身近なところでこんな意欲的にメッセージを世界に送り続けているオノ・ヨーコ氏の活動に感動してとても胸が熱くなった。

〜表参道 Gallery 360°〜
posted by sayaka at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | Exhibition | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。 はじめまして。 アメリカ在住の堀幹彦と言います。 今日このホーム・ページでオノ・ヨーコ関連の記事を発見しましたので、連絡させていただきます。 僕は熱烈なヨーコのファンなのですが、ギャラリー360とは連絡をとったのですが、まだ回答をいただけません。 We are all water展、レポートを読ませていただく限りとても素敵なショーみたいですね。 何かパンフレット、マルチプル・ボックスのようなものは売っていましたでしょうか? もしご連絡くださると幸いです。
Posted by mickeyono2005 at 2005年10月10日 22:05
こんにちは。
コメントありがとうございます。
ギャラリーのHPは以下です。
http://www.360.co.jp/j/exhibition.html
あと、詳しくはメールさせて頂きますね。
Posted by sayaka at 2005年10月10日 22:16
私もオノ・ヨーコさん大好きです。
ギャラリーをチェックしに行こうとおもいます。
情報をありがとうございました〜
Posted by r at 2005年10月11日 10:24
2005年10月10日の書き込みしているアメリカ在住の堀幹彦君は、15年ほど前、埼玉の朝霞に帰国した青年ではありませんか。オノヨーコのファンとエドガーケイシーがかさなると、あの堀君ではと気がして、ご迷惑顧みず書き込みしました。人間違いならすみません。堀君本人なら、ぜひお元気でご活躍下さい。
Posted by 熊田 良治 at 2007年03月28日 22:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。