2006年09月13日

阿部清子展

佐藤美術館の万葉種子展で印象的だった阿部清子さんの初個展。

カッコイイ!
男らしいです。

私もよく人から男らしいと褒められるのだけど(笑)、阿部さんの画はもっともっと男らしくてカッコイイのです。

自分の弱さを知っていることというのが真の強さなのではないかと私は思っているのだけど、阿部さんの描く画を見るとそんなことを考えたりします。描かれている女性の力強い眼差し。それは決して表面上のものではなくて心の奥に秘めた真の強さの現れではないかと感じるのです。

初個展というだけでも嬉しかったのですが、凛としたカッコイイ女性たちに囲まれて力をもらったみたいで、とても嬉しくなりました。

〜銀座一丁目 柴田悦子画廊(9/8)〜
posted by sayaka at 18:08| Comment(5) | TrackBack(0) | Exhibition | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さや……じゃなかった(違わないか)sayaka さん、こんばんは。

sayaka さんにはわかり切った話なのでしょうが、やっぱり画像がほしいですよね。

このエントリーを読んで、男らしくてかっこいいという絵に興味をもったとしても(実際持ちました)、「つづきは美術館にて」では、そのまま見逃してしまう可能性の方が高くなりそうです。

ためしに、ググってみたら、いくつかあったような気も。

http://images.google.com/images?hl=ja&lr=&safe=off&c2coff=1&client=opera&rls=ja&q=%E9%98%BF%E9%83%A8%E6%B8%85%E5%AD%90&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2

また、次のURLは、いかにもテンポラリっぽい。
http://www.shibataetsuko.com/start/open.cgi

自由に絵を紹介できる日はもう少し先っぽいけど、もうあとちょっとって感じもしますね。

Posted by 海野秀之 at 2006年09月14日 00:16
http://www.shibataetsuko.com/start/open.cgi

うわ、↑のトップにおいてあったのはフラッシュだったのか!!
自宅PCはダイアルアップ接続で、まてどくらせど始まらなかったので、それがフラッシュだってことにも気付かなかった。
#真っ黒なんで、なにかなぁと思っていた。

よのなか、ぶろーどばんど、ですね。

あ、関係ない話ですんません。
Posted by 海野秀之 at 2006年09月14日 09:11
フルネームでコメントどうもありがとう!
レスが遅くなり申し訳ない!
コメント、ごもっともです。
画像のリンクもページのリンクもテンポラリーなものが多すぎて。一週間後に記事を見たら×印だらけの画像になったら嫌だし、エラーが出るのも嫌だし、それを追いかけてリンク修正したりするのも嫌だし、管理しきれないのでそれならばいっそのこと文字だけで語ってみようじゃないかと思って半ば挑戦的に始めたらそういうスタイルで固定してしまった・・・という感じ。・・・言い訳ですね。笑
画像があった方が分かりやすい、親切というのは、そのとおりだと思います、はい。
Posted by sayakaでもさやかでも(笑) at 2006年09月17日 01:06
はづかしくなったので、フルネームやめました(うそ)。

すんません、さやか氏にクレームをいいたかったわけではないんです。

> 画像のリンクもページのリンクもテンポラリーなものが多すぎて。
> 一週間後に記事を見たら×印だらけの画像になったら嫌だし、
> エラーが出るのも嫌だし、それを追いかけてリンク修正したりするのも嫌だし、
> 管理しきれない

まさに↑のような状況は理解しているので、このような状況が早く改善されて、絵について語るときに自由に絵を参照できるようになればいいですね。

なんて、日ごろさやかさんが言っていることそのままの事柄について、同意してみただけになってました。

はは。
Posted by うんの at 2006年09月19日 10:57
笑。

>このような状況が早く改善されて、絵について語るときに自由に絵を参照できるようになればいいですね。

ほんとにそう思います。
そういうもの・仕組みを作っていくのが自分の役割だと思っています。
Posted by sayaka at 2006年09月19日 11:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。