2006年07月13日

芸術起業論

「作品の価値は、もの自体だけでは決まらない」
価値や評価は、作品を作る人と見る人との「心の振幅」の取引が成立すればちゃんと上向いてゆくのです。

・・・・・・

芸術で最も重要な問題は「いかに新しい表現を探しあてられるか」に尽きます。

・・・・・・

美術の世界の価値は、「その作品から、歴史が展開するかどうか」で決まります。

・・・・・・

「欧米の分析方法から自己言及的な日本像を導き、その向こうに見える普遍的な美意識を世界の美術の文脈の一つに組みいれる」
これは美術の歴史への挑戦でした。

・・・・・・

世界最高品質の日本のキャラクターの権利を守っていくことは、これからの芸術大国日本を未来に向けて作っていくことになるのだと思うのです。

・・・・・・

自分が作品表現をしている理由。
自分がビジネスをしている理由。
それを、もう一回見つめ直し、スタッフを含めて環境作りをやり直して、ものを作り続ける体制を組み替えてゆくことができるかどうか。そういうことのできる表現者は、ものを作る寿命が長くなるのです。

・・・・・・

作品を意味づけるために芸術の世界でやることは、決まっています。
「世界で唯一の自分を発見し、その核心を歴史と相対化させつつ、発表すること」

・・・・・・

人間は滅びます。
世界のすべては変化し続けます。
予期せぬことも起こります。
芸術はそんな不測の事態を一瞬で理解させられる媒体で、生きる意味を考えさせてくれます。

・・・・・・

私は「美」のために働いて行きたい。
そして日本、世界のどこにおいても「美」を創造し、その名の下に喜びを分かち合いたい。そのために土壌造りから始めなければならないなら喜んで泥まみれになる。
なぜなら「美」の前に立つ時だけは、みなが平等になれる、というファンタジーを一瞬、実現してくれるから。分かり合おうとする人の欲望の果てを、手に入れられる希望があるから。
そのために働き続けたい。死ぬ時までこの気持ちが続くよう毎日祈るような気持ちで嫌がる体を引きずって、「美」の従者たり得るよう、ひたすら生きてゆければ、そう思っています。

・・・・・・

必要なものは何か?
もちろんそれは、世界に持っていくというガッツです。

〜村上隆 「芸術起業論」(村上 隆著・幻冬舎)より抜粋〜
posted by sayaka at 00:00| Comment(4) | TrackBack(1) | Words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久しぶりにガッツという単語を聞いた。
そうだよ、やっぱりガッツだよ。
Posted by junko ma at 2006年07月13日 04:52
>久しぶりにガッツという単語を聞いた

たしかに。笑
でも熱い感じがしていいよね、ガッツ!
Posted by sayaka at 2006年07月15日 00:59
初めまして☆
お散歩してたら見つけました♪
素敵なブログですね!
とっても興味シンシンです^^
私は趣味程度ですが絵を描いてるものです。
もしよろしければ、覗きに来て下さい☆
こちらもまた覗かせて下さい♪
宜しくお願いしますm−−m
Posted by Lame at 2006年12月23日 03:40
私も読みました!

いいものをつくって、「対価」をもらうには?のテーマにより共感したかしら。
Posted by kage at 2007年04月13日 00:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20677499
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

しくったー!!((o(*≧д≦)o))
Excerpt: 「だから言ったろ! メールのチェックは怠るなよって!!」(`□´)・・・ いきなり何のこっちゃら?って感じだけど、すんげー惜しいことをしてしまった・・・。俺メールアカウント何個も持ってて、自分の..
Weblog: toyohisa kanno's blog
Tracked: 2006-08-18 09:36
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。