2006年02月24日

金丸悠児展-CactusU-

ゆっくりと流れる時間。

金丸氏の作品に囲まれると、時間がゆっくりになる。
どんなに自分があたふたしてても、その周りをゆっくりアロワナが動いていたりするから、どうしようもない。金丸氏の描くカメを見ながらこのゆっくり流れる時間に身をおいていると、私はミヒャエル・エンデの「モモ」の世界を思い出すのだ。

今回の展示はサボテン、サボテン、サボテン。
以前、吉祥寺のデパートの展示の時に、たくさんの動物たちの中にぽつっと小さなサボテンがあって、私はそれがとってもいいなぁと思っていたから、サボテンばかりの今回の展示はなんか嬉しい。麻布とか使っていろんな質感があるのもステキ。

このゆっくりと流れる時間、金丸ワールドはとっても居心地がよくて安心するのだけど・・・。
・・・そう。安心するのだけど、でも、なんかそうじゃない世界も見たくなってくるのだ。(←よくばりですみません。) 個人的には、ドッカーンってはじけた金丸ワールドを見てみたい。若さ爆発で!!笑

〜京橋 四季彩舎(2/21)〜
posted by sayaka at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | Exhibition | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: アロワナ アロワナは、大型の古代魚。ブラジル、オーストラリア及び東南アジアに生育する。*シルバー・アロワナ''(学名:Osteoglossum bicirrhosum)'':体長1mくらいに成長する。..
Weblog: 動物辞典
Tracked: 2008-02-28 14:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。