2006年05月31日

しばらく・・・

ネットの恐さを改めて思い知らされています。

2ちゃんねるにリンクを貼られてしまったみたいで。
心ない人達のコメントでブログが荒らされていくのは悲しい限りです。

いつも読んでくださっている読者の方々には大変申し訳ないのですが、しばらく更新をお休みします。

このブログはあくまでも私個人のアートの記録を綴っているだけなので誰にとやかく言われるものではありませんが、今、どんなにアートが素晴らしいと、何か記事を書いても逆効果のような気がするし、私が書くことでその展覧会なりアーティストなりに悪い影響があっては申し訳ないので、しばらくお休みしようと思います。

去年の6月1日に自分のアートの記録を残していこうと思って書き始めたこのブログ、ちょうど今日で丸一年、です。ギャラリーをめぐり始めて現代美術を見始めたのもその頃なので、ほんとにまだまだ勉強不足で、”アートオンチ”なんて言われても返す言葉もないです(笑。
ブログを始めた当初はデータベース機能としてのブログの可能性を検証するのが目的の一つでもあったので、フォーマットを決めて記事を書いているのも、そのためです。でも、改めてブログはこういう書き溜めていくような記録にはもってこいのツールだなと感じています。自分の記憶の引き出しからはどんどん抜けていくようなこともしっかり残しておいてくれるので大変役に立っています。


作品を見て感じたことや思ったことというのは、その作品を前にした瞬間が最もフレッシュなものであると思っています。時間が経ってしまってから感想を書こうと思うとなかなか言葉になりません。だから、なるべく見たその日に感想を書くようにしていたのですが、最近はなかなか記事を書く時間も取れず、ついつい2日後とか3日後とかになってしまって、ほんとはもっといろいろ感じていたのに上手く言葉にならない、ということもしばしばです。そういう意味では昔の記事はほんとに思ったことをそのまま書いているので、改めて自分で読み返すといろいろ発見があって面白いです。

作品を見るという行為はとても主観的なものです。どんなにモナリザが世界一美しいと言われても、美しいと思わない人だっているし、世間から何の評価も受けていない絵に涙が出るほど感動することだってあります。画集でしか見たことない絵にぞっこん惚れ込むことだってあるし、大好きな絵のコピーを見るだけで幸せな気分になることもあります。

今、何より悲しいのは、現代美術が、こういう事件で、こんな形で取り上げられて注目されてしまったということです。できれば、このブログも良いニュースで注目されたかったです。

情報発信する立場として意見を、ということなので、考えていることを少し。とても複雑な気持ちなのであまりいろいろ書く気はおこりませんが。

盗作を擁護するつもりはありません。
模写をたくさん描いていた和田さん。
どうして模写だと言わなかったのだろうと思うのです。
言い出せなくなってしまったのか、それとも少し精神的にいろいろな判断がつかなくなっていたのか・・・。
彼の周りにいた人はどうして気付かなかったのでしょう。
どうして忠告してあげなかったのでしょう。
残念で仕方がないです。
私は今、スギ氏の画を実際に見てみたいと思っています。


画像to画像の検索エンジンが出来たら、
全世界的なアートのデータベースが出来たら、
こういう事件も防げるんじゃないかと思っています。
10年前にそんなシステムを構想して、今もそういうものを作りたいと考えているわけですが、WEB5.0?くらい先の話なんでしょうか・・・。
Google、頑張ってくれないかな。

しばらくブログをお休みする間に、いろいろ考えてみます。
それでは、しばらく落ち着くまで、みなさん、お元気で!
posted by sayaka at 19:38| Comment(10) | TrackBack(0) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

アクセスが・・・

最近アクセス数が落ちているなぁと思っていたら、今日、お昼前くらいから、1時間に100人を超えるアクセスが。しかも、その全部が”和田義彦”の検索でとんできている。

何があったんだろうと思っていたら、この記事・・・。

・・・素直にショック・・・。
すごい力のある油絵だったし、作品そのものは良かったと思うし、それは今もそう思う。作品を前にして起こった自分の感情に偽りはない、そう思う。だから、余計ショックだ。

ショックというよりは、どうしてなんだろう?なんで?という疑問・・・。
実際に和田さんに会っていろいろお話したから、余計そう思うのだ。
不思議でしょうがない・・・。なんでなんだろう?

これからどうなるのかな・・・。

(参考:アルベルト・スギ氏のサイト)
posted by sayaka at 22:10| Comment(5) | TrackBack(1) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

中沢研 展

ギャラリーを半分に分けるように天井から細い針金が。
ちょうど「丹」の字のような形の針金。
ピンと張りつめているように見えるのだけど、ちょっと触れると、その長い足部分の針金がユラユラとゆれて、脆さも感じる。

まるで境界線のようにぶら下がっている針金の空間。
「広いところを抜けてこっちへどうぞ」とギャラリーの方に言われても、何かに遮られているような感じがして、恐くていけない。恐る恐る針金の空間に入る。

・・・とても不思議な錯覚が起こる。
針金と針金の間に挟まれた空間に見えない壁が存在しているのだ。
どうしてこんな感覚になるのか不思議なんだけれど、一歩一歩進むごとに針金の間にいくつもの壁が生まれて、自分の立っている場所が不安定になるような感覚に陥る。鏡の世界の入ったようなそんな感じもする。

たったこれだけのことで・・・と言ってしまうと作家さんに申し訳ない気もするけれど、細い針金に囲まれるいうことだけで、空間にこんな不思議な錯覚が起こるなんて、実に面白い!と思ったのでした。

〜銀座 ギャラリー58(5/27)〜
posted by sayaka at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Exhibition | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

篠塚聖哉展

「No Border-「日本画」から/「日本画」へ」で見た篠塚聖哉氏の個展。

MOTのときよりも断然いいっ!

どうしてだろう?
作品?空間?照明?
MOTのときは他の作家が強烈すぎたのかもしれない。

とにかくいいのだ。
特に正面の「ホバー(Hover)」という作品がステキ。
重厚な黒で覆われた画面。でも決して暗くない。
重いようで、でもふわっとした感じもする。
乾いているようで、でも湿った感じもする。
力強いようで、穏やかな感じもする。
・・・となんとも不思議な魅力・・・。

MOTで見た方には、ぜひオススメしたい。明日まで。
フタバ画廊は日曜日も開いている数少ないギャラリーなので。

〜銀座 フタバ画廊〜
posted by sayaka at 17:39| Comment(2) | TrackBack(0) | Exhibition | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

永禮賢 「birds of silence」

NADiffで現代アートの本をいろいろ見ていたら・・・。
店内の一角に積まれた写真集とヘッドホン。

「ヘッドホンをつけて、本を開き、ページをめくり、ヘッドホンをおいて、再び本を開いてみて・・・」と説明書きがあるので、そのまま言われたとおりに実行してみる。

ヘッドホンをする。
本を持って、ゆっくりページをめくっていく。
写真はほんとに何気ない日常の一コマ。
不思議なことに、耳に聴こえてくるわずかな音が、自分の動作に呼応しているというか、同じリズムで動いているような、そんな気がしてくる。
この呼吸のような感覚の音は何だろう・・・?
そう不思議に思いながら、見終わって、本を置く。

・・・コトッ。

!!!!
その時、その音の正体に初めて気づいたのだった。面白い!

自分の身の回りの微かな音、自分が作り出している音。
切り取られた日常の一コマ一コマを見ながら、意識しなければ消えてなくなりそうな小さなものに改めて気づく。
普段使わない感覚が研ぎ澄まされていくような展示だった。

〜表参道 NADiff店内(5/23)〜
posted by sayaka at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Exhibition | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

きっとこれから

今日はあおぞらDEアートの反省会だった。

反省すること、今後の課題は盛りだくさんで・・・。

でも今日つくづく思ったのは、この活動はすぐに結果が出るものではない、ということ。あおぞらDEアートは、やはりひとつのきっかけであって、大事なことはこのあとそのきっかけをどう育てていけるのか、どう繋げていけるのか、ということなんだと思う。

大切なのは、個々の利ではなく、全体の利だということ。
供給過剰の現実を打破するのは、アートユーザの拡大を考えていくしかないのだということ。

ついついすぐに出る結果を求めてしまって、目先のことを考えてしまうから、「忙しいので無理」って参加しない画廊も多い。でも、長い目で、大きなスパンで考えたとき、この活動が最終的には自分たちにとってメリットになる、ということが想像できるかどうか、大きなビジョンを一緒に描けるかどうか、なんだと思う。

きっと、これから・・・。
posted by sayaka at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

東亭順展

空の画。
アクリルの上にニスを塗ってそれをヤスリで丁寧に磨き上げている。
ツルツルな表面の空。
空そのものというより、何かフィルターを通して、もしくは映し出された空をみているような。幻想的・・・というより、仮想的というか、非現実的なの空、という感じがする。

なんだか空が遠い・・・。

ギャラリーの床にこんもりと砂が。そこに池の水面のように作品がある。水面に写っているのは、もちろん空。空の前面に薄い黄緑色の影。その黄緑の色が突き抜けるような眩しさで光っていて、吸い込まれそうになる。その空の映った水面の向こうには、とても静かで穏やかなもう一つの世界があるんじゃないか、と。そして壁にいくつかある空と山の風景は、その向こう側の世界の風景なんじゃないか、と。

それにしても、なんとも不思議な感覚の眩しさだ・・・。

〜表参道 ギャラリー同潤会(5/23)〜
posted by sayaka at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Exhibition | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

アートと暮らす〜Vol.2 ポスター編〜

ポスターと一口に言っても、「○○展」とかって入った500円くらいの展覧会ポスターから、著名な作家の作品コピーのかなり良質なポスターまで、いろいろある。

もちろんポスターも額に入れて飾るととても立派でいいのだけど、ここではポスターならでは、の飾り方を提案したい。

飾り方というよりは、飾る場所。

部屋の白い壁を何かアートで埋めたいなと思っても、額縁のついた重い作品は掛けられない、という場所があると思う。例えばベッドの脇の壁とか。地震が来て万が一壁に掛けていた画がズドンと落ちてきたら「う゛っ・・・」ってなっちゃうような、そんな場所。そんな場所には、ポスターが役に立つ。

というわけで、私はベッドの脇に藝祭で手に入れた大谷有紀さんのポスターを貼っている。

poster.jpg

このポスター、”包装紙”といって3種のデザインが一組になって売っていたのだけど、このデザインのものがとても気に入ったので、頼んで一枚だけバラで売ってもらった。「0(ゼロ)」がいっぱいいっぱい細かく描いてあるのだけどそれがボコッと盛り上がるように作ってあって、ポスターといってもちょっとした立体感があって面白いのだ。

あと、開け閉めする扉なんかもポスターがいいね。
ちなみにうちはゴッホ展ポスターの「夜のカフェ」が貼ってある(笑。

そういう意味ではポスターだけじゃなくて、染物の作品もいいね。
更に柔軟性あり、で。
posted by sayaka at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

藤田嗣治展

行列に並ぶのは限りなくイヤ。
人と人の隙間から絵を見るのもほんとにイヤ。

そんなこんなで足が遠のいていた藤田嗣治展だけど、なんか社会現象のようになってしまってるくらいの人気なので、見ないわけには行かないかな、と最終日に行ってきた。閉館ギリギリに行けばそんなに人いないんじゃないかと思ったら・・・。同じこと考える人はいっぱいいるのね。4時半になってもあとからあとから人が。ほんとに、ビックリ。オジサンオバサンばかりかと思ったら、そうでもなくて、結構幅広い層が見に来ているみたいで。TVの影響力?なんだろうか。とにかく、ほんとに、ビックリするくらいの人。

でも見て良かった。今まで自分が見ていた(知っていると思っていた)藤田の作品(作風)は、ほんとにごく一部(一時代)であったのだと分かって驚くのと同時に、やっぱり、こうやって一人の作家の作品を年代で全て一同に見られるようにすることの意義は大きいなと感じる。
特に遺族が持っているものなのか、個人蔵になっている作品が多かったり、海外のいろんな場所に作品が散らばってしまっている作家の場合は尚更、そのことが重要な意味を持つと思う。

いちばんいいなと思ったのは、「アンナ・ド・ノアイユの肖像」。
不思議な魅力。さりげないようで凄いパワーを放っている作品。

時代的には、夢の世界〜子供たちを描いているあたりの感じが好き。

自由な人だと思う。この人はほんとに描きたいものをひたすら描いていたんだろうなぁ、と思う。

いちばん最後にあった、「礼拝」で、藤田自身が黒ブチめがねで登場していて、その姿が妙に漫画チックでコミカルで思わず笑ってしまった。
あれはかなり面白いと思うのだけど、そう思ったのは私だけ?かしら?(笑)

〜竹橋 東京国立近代美術館(5/21)〜
posted by sayaka at 00:00| Comment(6) | TrackBack(2) | Exhibition | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

artdish

神楽坂に最近オープンした、ギャラリー+カフェのお店「artdish」。

アユミギャラリーの目の前にあって、神楽坂駅前もアートな感じで盛り上がってきた・・・?

カフェの壁には若手作家の展覧会もやっていて、見ながらコーヒーを飲めるのは楽しい。

artdish.jpg

お店の中には、アーティストのTシャツが。
会田誠の切腹女子高生Tシャツ!
背中部分に画が描いてある。着ている人がもし前を歩いていたら、すっごい接近して見ちゃうだろうなぁ(笑。

それにしても最近、カフェギャラリー増えてるよね?嬉しい傾向カナ。
posted by sayaka at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月20日

石居麻耶展<彼方より来たるもの>

佐藤美術館で見たときから、ずっとずっと個展を楽しみにしていた。

作品をたくさん見たいって思っていたからほんとに嬉しかった。
なんてステキで、なんて幸せな空間なんだろう。

ごらくギャラリーの1階から3階までを埋め尽くす作品たち。それぞれの階ごとにテーマがあって。

以前見たときよりもより細かく削られていて、少しざらついた感じの表面は、砂浜や流れる風にぴったりだ。

ふと心に残る風景。輝くような一瞬のきらめきが全ての画に凝縮されている。

石居さんの画が多くの人の心を掴むのがよく分かる。「この光景を心にとめておこう」と思ったその風景が画に丁寧に表現されていて、画を見ているとそのときに感じていた自分の気持ちも一緒に、そしてそれがとてもキレイな形でよみがえってくる。決して踊りだすようなHappyな画ではないのだけど、なんでもない、そこにある光景の一つ一つに、光や風や音の一瞬のきらめきに、ありがとうって感謝したくなるような、ちょっとキュンと切なくなる美しさがそこにあるのだ。

そんな一瞬のきらめきと一緒に暮らしたいと思って、そして、30歳になった自分への誕生日プレゼントに、海の画を買いました。

〜新橋 ごらくギャラリー〜
posted by sayaka at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Exhibition | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

アートと暮らす〜Vol.1 ポストカード編〜

これから”アートと暮らす”と題してシリーズもので記事を書いていこうと思いつきました。

どんな作品買ったの?
どんな風に家に飾っているの?

なんてことを書いていこうかな、と。
毎日の暮らしがHappyになる、アートのある生活を。

何から書いていこうかな・・・。
まずは、もっとも手軽に楽しめるところから。

100円のポストカードの楽しみ方。

展覧会で見て気に入った絵のポストカードを集めていてファイリングしているのだけど、かなりお気に入りのものは複数枚買って、実際にお友達に手紙を書くときに使ったり、額に入れて飾ったり。

・・・と、ここまでは多分普通で。ここから。

このポストカードを更に楽しむツールを最近ゲットして・・・。
ライティングフォトフレーム「&ON」というもの。LEDのバックライト付きのフォトフレーム。
メーカー側の意図としてはおそらく専用フィルムに写真画像を印刷して使うというのが本来の使い方なのだろうとは思うのだけど、ポストカードでも十分バックライトの照射が効いて、わざわざ専用フィルムに印刷しなくても利用できる。

このフレームのいいところは、昼間はライトなしで単純なフレームとして。夜はベッドの脇にでもおいてライトをつければ結構明るくて、スタンドライト的にも使えるのだ。

実際に、大好きなクレーのポストカードを入れて・・・。

andon-h.jpg (昼) andon-n.jpg (夜)

ステキでしょう? ライティングすると、地下鉄の駅にある展覧会の広告のような感じになるの!(・・・分かります?笑)

と、ここまで書いたらこの商品の回し者みたくなってきたので(笑)、この辺で終わりにしておきます。
ポストカードもやっぱりただファイリングしててももったいないからどんどん飾って、アートに暮らそうじゃないか!ということでした♪

では次回からは最近一緒に暮らしている作品たちを順に紹介していこうと思います。お楽しみに〜。
posted by sayaka at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

三十路

限りなく受け入れたくない現実がやってきた。
三十路になってしまった。いやな響きだ・・・。

いろんなところから
「30歳にもなって・・・」とか
「結婚もしないで・・・」とか
聞こえてきそうだ(笑。

気にしなーい、気にしなーい、気にしないんだよ♪

これからも、ごーいんぐ、まい、うぇい、デス。はい。

自分に都合の悪い占いとかは全く信じないのだけど(笑)、近くの神社のおみくじだけはなぜかよく引く。悪いのが出たことがない、というのが理由なのだけど、なんかやるときには願かけで、神社のおみくじを引く。
去年の誕生日は中吉だった。
今年は・・・

daikichi.jpg

やった!!! 大吉!!!

ということで、きっとこれからいいことがあるに違いない!
と、自分に都合のいいことはすぐに信じる単純な性格なのでした。

プロフィールから年齢欄を消そうかなぁ・・・え?今更おそいって?(笑
posted by sayaka at 14:53| Comment(10) | TrackBack(0) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

20代最後の日は・・・

悲しくも丸一日寝込んでおりました・・・。

肉体労働で全身筋肉痛でだるいのかと思っていたら、どうやら風邪を引いていたらしく・・・。弱り目にたたり目で。

肩と腰の痛みはお友達にマッサージをしてもらったら、一気に回復!
腹痛と熱はひたすら寝まくって回復!

ということで、すっかり元気にはなりましたが、UNHAPPYな20代最後の日、でした(笑。

20代、なんかやり残したことはないかー???>自分
posted by sayaka at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

イタイ

カラダヂュウガイタイ

ヒサシブリノニクタイロウドウデゼンシンキンニクツウ

シップハリマクリデス

アイタタタタタ o(> <)o

posted by sayaka at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

あおぞらDEアート

くもりぞらDEアート?という感じでしたが(笑)、なんとか雨も降らずに一日もってくれて、良かったです!
でも、そんな天気にも関わらずたくさんの方に来て頂いて、とっても嬉しかったデス!来てくださった方々、本当にどうもありがとうございました〜!

100人近い作家さんが会場にいたわけだけど、やっぱり作品と作家さんってリンクするというか、作家さんは作品に似ているというか・・・。違うか、逆だよね。作品が結局作家さんに似てくるんだよね。作家さんに会って、より作品を身近に感じることが出来るような気がしました。

昨年より子供連れのお客さんが少なかったのかなぁなんて思いましたが、それでも旗作りや指人形を楽しそうに作っている子供たちの笑顔を見ていると、どんなに大泣きの子供がいても(笑)、こちらまで幸せな気分になります。

昨日は私も前々から気になっていて欲しいなぁと思っていた作品がとてもお得な価格で出ていたので、迷わず購入!一度見たときからなんだか不思議に心に残っていた作品で。とっても嬉しい!! 毎日見て、一緒に暮らしてHappyになれるだろうなぁと思える作品に出会えるとほんとに嬉しいものです。

野外展というのはほんとに天気に左右されるし、いろいろリスクも多くて大変だけれど、でもやっぱり屋内にはない開放感というか、ふらっと立ち寄れる気軽さみたいのもあって、楽しいな、と。泰明小学校がもっと中央通りに近ければなぁ!なんて思うわけですが、次回は天候のことも含め、よりたくさんの人にアートに触れてもらえるようにイベントの企画を考えなくてはなぁと思った次第です。

本当にどうもありがとうございました!
来てくださった方々、チラシの裏面のギャラリーMapは今回のイベントに参加しているギャラリーの地図になります。ぜひぜひそれを片手にギャラリー巡りしてくださいね!

〜銀座 銀座泰明小学校(5/14)〜
posted by sayaka at 14:41| Comment(6) | TrackBack(3) | Exhibition | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月14日

あおぞら!!

みんなの願いがお天道様に通じたみたい!!!
あおぞらDEアート」やります!

午後には”あおぞら”見えるかも。

みんな来てね!
いつもこのブログを読んでくださっている方、ぜひ声をかけてくださいね。
会場でお待ちしていまーす。

posted by sayaka at 06:39| Comment(5) | TrackBack(0) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月13日

松村浩之展

昨年のアトラス展で見た松村浩之氏の個展。

スルガ台画廊の壁いっぱいに大きな作品。作品そのものも大きいけれど、そこに描かれる黒人の大男と大きな手と、とにかくその迫力はスゴイ。でも”迫力”と言っても、それは瞬発的な迫力ではなくて、静かに重く響く迫力。

緑色のテーブルでこの大男たちが真剣に議論していることは何なんだろうと、とても気になる(笑。

ここからは全て私の全くもって勝手なイメージなのだけど。
作家の脳の中には、この大男たちが住んでいて、いつも何か議論しているんじゃないか、と。リーダーシップをとって話を進める男もいれば、議論を聞いてそうでボーっと考え事をしている男もいて、中には話の輪の中にも入れない暗い男がいたり・・・。

こんな筋肉ムキムキの大男が脳の中でいっつも話し合いしてたら、そこでの決定事項には絶対に反対なんて出来ないなぁなんて思いながら(笑)、自分の脳の中の自分の分身について、想像したりするのでした。

〜銀座 スルガ台画廊〜
posted by sayaka at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Exhibition | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

雨でもやります!

毎年、5月のこの時期って晴れの日が多いのだけど、どうしてどうして今年はこんなに雨が降っているのでしょう。ほんとにお天道様が恨めしいです。

14日も雨マークが出ていて・・・。でも、やっぱり、どうしても、やりたい!!ということで、「あおぞらDEアート」、雨でもやることにしました!
急遽、テントを準備して、大雨でない限り、決行いたします!

ということで、雨でもやりますので、ぜひぜひ皆さん雨でもお出かけください!
雨の銀ブラもなかなかステキなものですよ。

でも!まだまだ望みは捨てず、晴れることをひたすら願って・・・。
posted by sayaka at 01:25| Comment(1) | TrackBack(0) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

本城直季「small planet」展

面白い。写真ならではの面白さ。
自分で自分の見ているものへの判断能力というか、これがどうしてミニチュアだと感じてしまうのか、とにかく不思議で、それがまた面白くて、いろいろ考えてしまった。
一点だけにピントを合わせ周りが極端にぼやけていて妙な遠近感になっていること、色が妙に鮮やかなこと、鳥瞰図的な構図、いろいろな要素が組み合わさって、これはミニチュアだ、と脳がこれまでの経験を元に(?)勝手に判断しているっぽいのだけど、よくよく見ていくと、これがミニチュアなわけないな、と気付くのだ。

それにしてもこうやってみると、自分のいる世界もなんかオモチャみたいで、とても滑稽に思えてくる。どこかの巨人が地球を面白がって動かしながら見てるのかもしれないなぁなんて思ったりして。

家の近所の「small planet」が見てみたいなぁ。


(g)を探していて、ふと上を見上げたら、猫がっっ!!
置き物みたいだったよ。カワイイネ。

neko.jpg

〜代官山 (g) (5/9)〜
posted by sayaka at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Exhibition | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。