2006年03月31日

焦り

月末になると、焦る。
年度末なので、さらに焦る。

別に年度で何か変わるような仕事をしているわけではないので、3月31日だからなんだ!ってわけではないのだけど、なぜか焦る。

自分の出来る範囲で、自分の決めた期限で動いているから、やるもやらないも焦るも焦らないも自分次第。でも焦っちゃうんだから仕方ない・・・(笑。

そういえば、去年の今頃もものすごい焦燥感に襲われていたっけ。
私は精神的に不安な状態に陥ると、すぐその反応が夢に出る。
去年の今頃は毎晩、ひたすら永遠にたどり着かない螺旋階段を走っておりたり、知らない土地で道に迷う、という、まさに”路頭に迷う”夢ばかりを見ていた・・・。

なんて昔を振り返ってる場合じゃなかった!
4月だよ、4月!新しいスタート、元気にいきましょう〜!
posted by sayaka at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

桜より若葉

若葉の色が好き。元気の出る爽やかな緑。

桜満開で、街はすっかり桜色なんだけど、今日、銀座を歩いていて、大好きな若葉色に出会った。並木通りの街路樹。
何の木なのだろうと思ってネットで調べてみたら、「シナノキ(リンデン)」ということが分かった(中央区ホームページより抜粋:並木通りのシナノキは中央区が平成元年4月、花と緑に包まれた清潔なまち、美しいまちを目指した「花の都中央区宣言」により、地域の「銀座西並木通り会」とともに銀座にふさわしい木として選んだもの)。

銀座には柳の木もたくさんあって。柳の若葉も風に揺れてとってもキレイ。
桜もいいけど、今日はすっかり若葉の緑に見とれてしまったのでした。
でも、うっかり写真を撮るのを忘れてしまった。桜と同じで今の若葉の色は今だけだから、ね。今度行ったときにでも撮ってUPしまーす♪

ご参考:銀座の街路樹マップ(銀座コンシェルジュのページ)

追記:若葉前線がっっ!!
posted by sayaka at 22:15| Comment(3) | TrackBack(1) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月29日

女子美術大学版画コース卒業制作展

先日行った五美大卒展(感想書いてないままだけど・・・)で強烈に印象に残っていた作品に再び出会った。稲葉怜氏の作品。

木のパネルはむき出しのまま。そこにうっすらと陰影が塗られていて。そしてその上には、糸くず。糸くずで描かれた女性の顔だ。とてもシンプルなのだけれど、ものすごい立体感と迫力がある。糸くずが”おかれている”というのではなく、意志を持ってそこに集まっているように見える。糸の動きに躍動感があるのが、この迫力の所以だろうと思う。
糸はたくさんの色のものが使われているのだけど、それらが決してばらつくことがなく、女性の顔の表情を描くラインが実に美しい。木の質感と浮かび上がるような陰影と意志を持った糸くずと。強烈なパワーを持った作品は何度見てもどこで見てもやっぱりスゴイのだ。

〜銀座 すどう美術館〜
posted by sayaka at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Exhibition | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月28日

日本の発明品

夜になって突然の雨が降ってきた。
そういうときはやっぱりビニール傘だ。

都築響一「賃貸宇宙」を読んでたら、ビニール傘を発明した下町の肝っ玉母さん、亀卦川静子さんの話があった。今まで随分お世話になっているビニール傘だけど、だれが発明したのかなんて考えたことなかった。知らなかったなぁ、すばらしい、偉大な発明っ!確かに日本でしか見たことないよね、ビニール傘。

ビニール傘と言えば、安冨洋貴氏の作品を思い出すけれど、ビニール傘が日本独自の発明品だと知って、よりあの作品の面白さを改めて感じる・・・。
posted by sayaka at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

機会と決断

最近、とても大切にしていること。

”機会”と”決断”。

展覧会を見逃さないとか、人と出会いのタイミングであったり、現場主義を貫くための”機会”。そして、何かを選択し、何かを棄てる”決断”する力と勇気。

出会いと別れの季節ですね。
ぼけーっとしてたら通り過ぎてしまう機会を逃さないように。
そして、後で悔やむことのないように、じっくり考えつつテキパキと決断していこうと思う今日この頃・・・。
posted by sayaka at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

大竹 敦人展

この小さな空間でよくこの展示を実現したなぁと妙なところで感心してしまう。
小さなギャラリーは真っ暗闇。手すりをつたって、中へ歩いていく。窓部分に取り付けられた大小の球体に表参道の外の景色が写っている。とても不思議な気分。ノスタルジックな風景がそこに見える。

暗闇に目が慣れてくるまでじっとしていようと思うのだが、後から後から人が来てその場に立ってるわけにもいかないので、ぐるぐると何周もしてみた(笑。初めはぼんやりしか見えなかった風景も目が慣れてくると次第にはっきり見えてくる・・・。

今週の展力>Recommend&ReviewにもReviewを掲載しています。
晴れた日、すいているときに行きましょう!

〜表参道 ギャラリー同潤会(3/24)〜
posted by sayaka at 00:00| Comment(1) | TrackBack(1) | Exhibition | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

大野智史 acid garden

オレンジ色の粉と土が床に撒かれていて模様になっている。
壁にはドローイング。大きな木や工事道具のようなものが無造作に置かれて足の踏み場もない。そして、くさい。
なんというか、特に何が、というわけではないのだけど、恐ろしいインスタレーション。
動物的にというか、生理的にというか、くさい匂いも重なって、私の本能が身の危険を感じて受け入れ態勢になれない。・・・苦手分野だ。


あまり長居したくない感じで早々に帰ろうとすると、エレベーターが延々と来ない。ここのエレベーターは業務用の大きなもので、どういうプログラムになっているのか知らないが、呼べるタイミングというのがあって、そのいつくるのかこないのか分からないタイミングをずっと待ってボタンを押さなければいけない。階段で帰ろうと思っても、それも許されない!せっかちなわけではないのだけど、こういうサービスの悪さにはものすごい腹が立って仕方ない。どうにかして欲しいものだ。

〜清澄白河 TOMIO KOYAMA GALLERY(3/23)〜
posted by sayaka at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Exhibition | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

No Border -「日本画」から/「日本画」へ

かなりの迫力!
面白い!
若いってスバラシイ!!

かなり刺激的で、パワーをたくさんもらいました。
こういう日本のART POWER(アーティストたち、そして日々生まれているスゴイ作品)をどんどん世界に発信していかなければ、とつくづく思ったのでした。

kiyosumi.jpgkiyosumi2.jpg

〜清澄白河 東京都現代美術館(3/23)〜

posted by sayaka at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | Exhibition | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

柴川敏之 PLANET PIECES

錆びた選択バサミ、錆びたキューピー人形、錆びた鍵・・・。
壁に時計上に掛けられた小物が皆さびている。
実際に錆びる素材ではないものも鉄色や青銅色で錆びていたりして面白い。本物の遺跡や出土品にこれらを混ぜて展示すると、それを見た子供たちは何がなんだか分からなくなって混乱するらしい。面白い。

左側の壁に掛けられた不思議な形のものが一つ。
2000年後の、○○○○とのこと。
そこから抜け落ちた○○がまた他のところにピースとなって掛けられている!
錆びた破片(ピース)の一つ一つを見て元の姿を想像する・・・、今の身の回りのものの何千年後の姿を想像する・・・。錆びないと今は思ってても錆びるかもしれないし、どんな風になるのかなんて実際のところ分からないし。
・・・そんなことをいろいろ考えると面白いよね。

今回この展示は、奥野ビルの3箇所(APS、巷房階段下、屋上)でやっていて。私はこの日初めて奥野ビルの7階まであがったのだけど・・・・。超びっくり。7階はとっても綺麗なオフィスになっていた!ここだけ改装したのかな。ほんとに不思議空間だよ、奥野ビル。笑

〜銀座一丁目 a piece of space APS(3/21)〜
posted by sayaka at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Exhibition | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

吉岡悟 ベイ・フロント・パーク

22日からの展覧会なのだけど、間違えて会期前に行ってしまった。
展覧会へは改めて伺うとして・・・。

ギャラリー・パストレイズ M/A。
初めて行ったのだけど、入り口も場所も中の空間も実にかっこいい!
建物は、丸ノ内八重洲ビル。とても古いビルで趣がある。

yaesu.jpg

でも、どうやらこの建物を5月に立て直すらしく、ギャラリーも移転しなくてはいけないそうだ・・・。

私は古い建物が好き。人間と一緒で、その建物がその場所で起きた全てを教えてくれるような気がするから。壁の染みも傷も、そこに触れるだけで、建物が見て来た歴史を一緒に感じられるような。

東京駅周辺は、東京駅をはじめ、中央郵便局も、古い建物がとてもステキなのに、どうしてそれを残していこうというようにならないのだろう。新しいものは何度だって新しく出来るけど、古いものは壊してしまったら二度と元に戻らないのに。残念なことだ・・・。

〜東京 ギャラリー・パストレイズM/A(3/21)〜
posted by sayaka at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Exhibition | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

春が来た!!

sakura.jpg

銀座に春が来たー!!
綺麗だねー。ウキウキしちゃう。

posted by sayaka at 13:24| Comment(2) | TrackBack(0) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

VOCA展 2006

VOCA展を見て来たよ。

まず、オペラシティのProjectNで見た高木紗恵子氏の作品。作風が大分変わったようだ。光溢れる画であることは変わらないのだけど、より抽象的になって、樹脂で散りばめられた立体的なアクリルが輝くジュエリーのよう。でも、私としてはprojectNで見た時の感じの方が好きだったかも・・・。
つい先日ギャラリー小柳で見たロバート・プラット氏、鬼頭健吾氏の作品も。(ブログに感想書いてなかった。展力参照。) 鬼頭健吾氏は、小柳で見たフラフープを使ったインスタレーションよりもここにあった平面作品の方が断然面白いと感じる。細かい粒粒の樹脂でできた布にカラフルな糸がからまっているのだけど、粒粒の布の質感が実に面白い。
あと、NADiffで見た春木麻衣子氏の作品も。

今日いいなぁと思ったのは、山田純嗣氏の作品。入り口すぐのところにあるのだけど、黒と白の2対になっている作品で。パネルに細かく盛り上がった線が一面に描かれていてこれがとても面白い。”エッチング・ゼラチンシルバープリント、 パネルに印画紙”と書いてあって、どういう風に作っているのか私には全然分からないのだけど面白い。
あと、長谷川冬香氏の作品に惹かれる。インパクトが強いというわけではないのだけど、ピンク基調の淡い心象風景は、なんだか今の季節も重なって、惹かれる。それから、ちょっと重くて暗いけれど永原トミヒロ氏の作品も気になるな、と。

小西真奈氏は今週奥野ビルのSpace Kobo&Tomoでも個展やっているので見に行かなくては。

〜上野 上野の森美術館〜
posted by sayaka at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Exhibition | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

life/art '05

ついにリレー展示の最後を見てきたよ!

----------------------------------
Part1 今村源 2005/12/08-12/25
Part2 田中信行2006/01/05-01/22
Part3 金沢健一2006/01/26-02/12
Part4 中村政人2006/02/16-03/05
Part5 須田悦弘2006/03/09-03/26
----------------------------------

という、5人のアーティストによるリレー展なわけだけど・・・。

Part5 須田悦弘2006/03/09-03/26

↑これは明らかに間違いだ、と。

正しくは、

Part5 須田悦弘2005/12/08-03/26

こうだろう、と。

気づけばいつも椿を探していた。
次はどうなるんだろう、と展覧会を待ち遠しく思い、欠かさず足を運んだ展覧会も珍しい。北澤憲昭氏のコメントにあるように”須田悦弘の「作品」は、見ること、あるいは探すことにまつわる時間と空間のなかに生起する”(展覧会資料より抜粋)、というならば、まさにこのリレー展が始まったそのときからずっと須田の作品の中にいたのだ、と気づく。

でも敢えてPart1からPart5でいつの展示がいちばん好きだったかと言えば、私はPart1の今村源氏の時の展示かな、と。

トニカク、面白かったですね、life/art '05。

〜銀座 資生堂ギャラリー〜
posted by sayaka at 00:00| Comment(2) | TrackBack(1) | Exhibition | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

哲学と芸術

ぼくたちが形あるものを観察するのは芸術の表現のためであり、
そこに、ぼくたちは自身の魂をものぞき込むことができる。
哲学と人はいうが、たしかに哲学には芸術に似通ったものがある。
はじめは哲学がどれほど魂を観察できるかを知ってぼくは驚いたものだ。

〜パウル・クレー 「クレーART BOX線と色彩」より〜
posted by sayaka at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | Words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

アート・マネージメント

企業の社会貢献活動に興味があって、随分前から企業メセナ協議会が発行している「メセナnote」を購読している。

今月号のNo.42に慶應義塾大学の岩淵潤子氏の「アート・マネージメント教育が抱える憂鬱」と題した特集記事がある。
そのあまりに投げやりな内容に正直びっくりした。

「アート・マネージメント」という言葉は定着したかもしれないけれど、今の日本の公共文化施設に本当の意味でのアート・マネージメントの仕事をする人が入りこむ余地はあるのかどうか。答えは見えてこない。

アート・マネージメントの仕事を希望する優秀な20代後半の女性が多く、またアート・マネージメントを教える大学も増えているが、現実には仕事はない。そういうことが書いてある。それはそのとおりなのだけど、その講座を持ってそういう人材を輩出している側の立場で、「答えは見えてこない。」と結んで終わらせてしまっているのは、あまりに投げやりではないだろうか。

私はこの業界でキャリアもなにもないし優秀でもなんでもないけれど、おそらく傍から見ればここで言われている女性達の一人として見られているのだろうと思う。でも私は自分としてはちょっと違う立場にいる人間だと思っていて、というのも私の片方の足はあくまでも情報を扱うエンジニアとしてあるからだ。キュレータとかライターとか今存在しているような仕事を求めているわけでもない。

私は、この問題は”学問”と”現場”が離れていることにあると思っている。そしてそれが特にコンテンポラリーアートの分野に著しい。アート・マネージメント教育をしている側が”現場”を見ていないし、根本的な問題に気づいていない(見てみないふりをしている)のではないだろうか。

美術振興に必要な4人の担い手(昨年末の日経新聞より)でいうならば、

「奨励する人」「制作する人」「販売する人」 > 「嗜好する人」

となっている現状を改善しない限り、マネージメントのマの字もできないだろう。制作している学生たちに社会に出て、アーティストとして生活していくために必要なことをきちんと教えている美大はあるだろうか。アート・ユーザを増やすこと、そのための美術教育に力を入れているところはあるだろうか。上記の左側の人間だけを増やすアート・マネージメント教育では意味がないのだ。
posted by sayaka at 13:34| Comment(6) | TrackBack(1) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

ゲーム

今日秋葉原に行ったら、何やら行列が。

「FINAL FANTASY XII」が本日発売らしい。
5年振りのパッケージ最新作だって。なんか一時期盛り下がってたからもうダメなのかと思っていたけれど、ファンはみんなずっと待っていたんだろうねぇ。
私はゲームにはとても疎い。ファミコンも家になかったから、基本的な操作方法さえもあまりよく分からない。でも、そんな私も「FINAL FANTASY VII」だけは最後までやったことがある。・・・でも、それも気づけば、今から10年前の話・・・。この世界の10年といったら、その技術の進歩は凄まじいはずで。店頭で最新作の映像が流れているのだけど、おそらくこの映像のキャラクターのままの形でゲームでも動かせるのだろうなぁ。

そういえば、先日行った文化庁メディア芸術祭でもゲームはエンターテイメント部門としてあった。混んでたので、このコーナーは全く見ないですっとばしてしまったのだけど・・・。

やっぱり、もう、No Border、だよね。

それにしても、すごい風。
posted by sayaka at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

自由であれ

最近、私の周りの人からよく聞く言葉。

自由であれ、と。

縛られるな。
枠にとらわれるな。
常に何かを越えていけ。
自由であれ。

”自由”であること、って実はとても難しいことだと私は思っている。規則の中で決められたことを言われたようにやることの方が断然楽なんだよ。好き勝手やればいいとかやりたいようにやればいいってそんな単純なことではない。自由であるためには、自分で考えて自分でそのフィールドを作り出さなくてはいけないのだ。”自由”に生きるって、ほんとはとても厳しいことなんだ。でも身近にそれを限りなく実践している人がいるので、私もその人を目指して自由に生きていこうと思う今日この頃。

・・・そんなことを考えながら、ふと夜空を見上げると・・・。

mangetu.jpg

まんまるの満月。明るい夜空。携帯カメラでボケボケだけど。笑
posted by sayaka at 23:37| Comment(6) | TrackBack(0) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

吉仲太造の世界―1960〜1980

地下2階があったなんて。
ギャラリー東京ユマニテの入っているビル。ユマニテが地下1階で、私はこのビルは地下1階までと思いこんでいた。さらにその下に昨年末からギャラリーがあった!「ギャラリー坂巻」。
ユマニテもそうだけど、このビルは天井が高くて空間が広くてステキだ。
これだけの大きな作品を展示できるところは銀座周辺のギャラリーでもそんなにはないんじゃないかな。
・・・ってギャラリーがあったことにびっくりして、作品をきちんと見てなかった!また行かなくてはー。

〜京橋 ギャラリー坂巻〜
posted by sayaka at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Exhibition | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

GEISAI#9

年に一回だと思っていたら結構頻繁に開催しているのね、GEISAI。
#9に行ってきた。

"from GEISAI to the World"
ここから世界へ大きく飛び立っていったアーティストたちが少しずつ増えている。こういう場を作ったこと、そして、それを定着させるための村上さんの努力はほんとにすごいと思う。

これから世界へ飛び立つであろう、すごいものを見落とさないようにと思いながら目を凝らして歩いていると時間が経つのも忘れてしまう。。。。
こういう場ってエネルギーが溢れて渦巻いているようなもので。観る側も気合いが必要、だよね。

〜国際展示場正門 東京ビッグサイト(3/12)〜
posted by sayaka at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | Exhibition | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

refresh

少し遠出をしていました。
菜の花の香りと、久しぶりに広い海を見て、ちょこっとリフレッシュ。

boso.jpgboso2.jpg
posted by sayaka at 22:12| Comment(4) | TrackBack(0) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。